HOME > ブログ > コラム2024/05/01(水)

過去の「みんなで大家さん」記事に関して

大前提として

この三遠大家塾のサイト(ブログ)は、不動産賃貸業を行いたい方を応援する為に開設しています。

「投資家を応援したい」気持ちは全くありません

ただ残念な事に、今までのブログ記事の中でのアクセスの半分以上が「投資家(予備軍)」による「みんなで大家さん」の記事となっています。

残り半分弱が「DIY」を行いたい方からのアクセスで、不動産賃貸業を行いたい方からのアクセスは殆ど無いのが現状です。

これは私の努力不足の結果であり、ブログ記事の構成・内容・発信力を高めていかないといけないと自戒しています。

私が以前「みんなで大家さん」についての記事を書いた意図は、

不動産賃貸業を行いたいなら『みんなで大家さん』は(投資商品だから)やらないで

と言いたかったからでした。

投資家の方々に警鐘したい意図はありません。


それでもアクセスしてくる投資家の方へ

「みんなで大家さん」のキーワードで、三遠大家塾のブログ記事を読みに来る方が後を絶たないのですが、そういった方々への最後の老婆心として以下のYouTubeを見てもらえればとアドバイスします。

「みんなで大家さん」に関する最終章となります。
↓↓↓
資産形成チャンネル
みんなで大家さんはこれで終わりです

動画の尺は長いですが、投資家ならこのくらいの視聴時間を惜しんではいけないと思います。

物凄く要約すると、以下の解説を行っています。

・成田プロジェクトは、これ以上(開発進捗率2%から)事業が進む事は無い
・破綻する事になっても投資家以外は困らない(行政も共生バンクも特に困らない)
・とある筋(文○?)に全資料を渡しているので、早ければ2024年中に一般メディアで問題視されるかもしれない


そして最後に。

全ての投資家は「リスクを承知の上で投資している」のですよね。

それなら何を選択しても問題無いと思います。


※2024/05/03 追記
■参考動画 → 【高利回りのウラ側】建物がないのに利回り7%、「みんなで大家さん」の驚くべき実態が判明
上記「楽待」による取材時には資金計画の情報開示は条例により「出来ない」との回答ですが、「資産形成チャンネル」でインタビューを受けているA氏は情報開示に(正規ルートで)成功しています。

また、情報開示内容と「楽待」内での市担当者の回答では、資金計画として「出資者から資金を集める」という点の認識が真逆になっており矛盾しています。

どちらが嘘を付いているかは皆様の判断となります。


Writer 三河人 


< 前の記事へ 次の記事へ > 

> HOME > ブログ/お知らせ 

関連記事

コラム