HOME > ブログ > ブログ2024/03/30(土)

メールの重要性

メール

最近の不動産界隈もLINE等のアプリによるSNSで情報のやりとりが増えてくるようになりました。専用アプリを作成して情報展開しているサイトもあります。

そういった背景により、以前のようにメールでの情報展開が少なくなってきましたが、果たしてメールの使用は不要なのでしょうか?

その点について触れていきたいと思います。


メールは今後も重要である

機会損失

上記のようにSNSで不動産情報を展開する機会は増えてきましたが、まだ「メールだけで不動産情報を発信している不動産会社」は多く存在します。

さすがにFAXだけ使用する不動産会社はかなりの少数派になってきましたが、大手以外の不動産会社ではメールが主要となっているのが現状です。

そういった不動産会社からのメール情報は決して無視は出来ません。

無視するという事は「逃してはならない機会(お宝物件情報)を自ら逃している」という事になります。

知り合いの大家さんの中には「私はメール見ない。LINEでしかやりとりしない。」といった方もいます。そういった大家さんは機会損失しているのでは無いのかと懸念しています。

「迷惑メールが多いからメールは見ないようにしている」といった意見も聞いた事がありますが、それでは貴重な情報収集を網羅出来ないと思います。


ちなみに私の場合ですが、今までに購入してきた収益物件情報は、やりとりも含めて全てメールで入手しています。

その中には市場に出回らない情報もあり、結果、私が購入出来た物件も複数存在します。それらは市場に情報公開されたのであれば、瞬時に他の方に買われていたであろうと思われます。


取引が増えれば増えるほどメールは重要

メール

インターネットで情報が溢れかえる中、それでも一般には公開されない情報というものは無数にあります

大手の不動産会社が取り扱っている情報というのは、それだけ世間に認知されており、多くの大家さんが目にしている事で物件の奪い合いのような状況になっています。

そうした中から抜け出す一つの可能性として、上記にも挙げた通り「メールでしか情報やりとりが出来ない不動産会社」からの情報も必要となってきます。

もしくは、実際に不動産会社に足を運んで、非公開の物件情報を入手する事も重要となってきます。

あらゆる情報を収集し、可能性を少しでも広げていく事が収益物件を増やしていく第一歩だと思いますので、皆様もその点を意識して頂ければと思います。


Writer 三河人 


< 前の記事へ 

> HOME > ブログ/お知らせ 

関連記事

ブログ
ブログ
ブログ